21歳ミニマリスト工場作業員が資産運用でセミリタイアしてみたいア

年収300万21歳工場作業員がセミリタイアを目指すブログ

会社を辞める基準について考えてみた

 

f:id:rataratarata:20181014131603j:image

会社を辞める。セミリタイアする。と言っても、なんらかの基準が線引きがないとイヤイヤダラダラと会社員を続けてしまいそうなので線引きを考えて見ました。

 

こちらの3つです。

 

資産の基準

資産の基準としては1000万です。1000万というと並大抵の努力では貯めることは出来ません。

20代で資産が1000万もある人はかなりレアな存在だと思います。

何かで一発当てるか、コツコツ貯める事でしか達成できません。

一発当てるにはなんらかの才能や運が必要です。webで収入があるとか、信用取引するとか。少額からでも不可能な数字ではないですが、それなりのリスクを抱えることになります。

 

コツコツ貯めるには毎月決められた額貯めることが出来る忍耐力が必要です。途中でやめてしまえば貯めることができません。

年間100万貯めることができるとして、1000万になるには10年必要になります。

毎月10万貯めるのを10年間続けるということです。

 

この1000万というのが一つの基準となります。正直1000万あるだけで一目おいてしまいます。

そして複利の恩恵を享受出来るのも1000万ぐらいからです。

年率3%だとすると年に30万増やすことができ、会社のボーナスがもう一つ増えたような感覚です。追加投資なしでも何十万単位のお金が勝手増えていきます。

1000万というのはお金を生み出す装置ということです。

なので資産が1000万以上ある人を僕は尊敬しています。

 

 

 

不労所得の基準

次に不労所得の基準です。

最低の基準としては月3万貰えることです。

月3万不労所得があれば月に3万円分働かなくてよくなるので僕にとっては大きいです。

年間36万もらうことができれば達成可能です。

ここでもやはり1000万程度必要になってきますね。

欲を言えば月に5万欲しいですが、まずは月に3万を目指していきたいとおもいます。

 

 

 

年齢の基準

一つの基準は25歳です。

理由は単純でキリがいいからです笑。

若いとなんでも挑戦出来るのでわかれば若いに越したことはありません。

あとここはひとつの転換期なので、全く違う業種に転職などを考えてもいいかもしれません。

25までくればそれなりに資産は溜まってると思うので、あまりお金に縛られることなく自分の意思で多少アクティブに行動することができます。

 

具体的にはweb系の仕事をしてみたいです。

ある程度スキルがあればセミリタイア後も自宅やどこでもお金を稼げるのは魅力的です。

 

 

まとめ

ぼんやりとざっくりまとめると25くらいまでに資産1000万ということになりますね。

だいたい年間に100万くらい貯められるとし、現在資産400万21歳

 

25まで4年。単純計算で+400万

25歳で800万くらいは貯めることができますね。株式投資も駆使すれば1000万も見えてきますね。

 

とはいってもあくまで目安なのであまり縛られることなくぼんやりと、あいまいに、やってこうとおもいます。

どうせ、本当に嫌なことがあったら資産なんか関係なく会社やめてしまいますしね笑笑