21歳ミニマリスト工場作業員が資産運用でセミリタイアしてみたいア

年収300万21歳工場作業員がセミリタイアを目指すブログ

年収90万で生きていく

 

大原扁理さんの本「年収90万で東京ハッピーライフ」という本があります。

 

 

年収90万円で東京ハッピーライフ

年収90万円で東京ハッピーライフ

 

 

 

この本は大原扁理さんという方が、文字通り年収90万程度で生活しているんだよ〜っていう本です。

題名を聞いて興味ない人も興味のある人も読んでもらいたい一冊です。

こんな生き方もあるんだ!と頭の片隅に入れておくと本当に楽になりますよ。

 

大原さんは介護の仕事を週2回して、年収90万程度あります。残りの5日はお休みです。

収入は月に換算すると7〜8万の稼ぎです。

7〜8万もあれば人は生きていけるんです。必要最低限の暮らしだと思うかもしれませんが、大原さんはきちんと幸せを感じています。

 

趣味は散歩、読書、料理、映画鑑賞など、が書いてありました。そこまでお金がかからずできる趣味を持っているっていうのはやはり強みになってきますね。

 

www.rataratarata.com

 

 

大原さんがどうやってこの暮らしを作っていったかというと、

 

必要最低限の生活費を知る→週何日働けば可能か知る。

 

じゃあもっと働かなく済むほうほうは?→生活費をさらに下げる方向に持っていくことができればさらに働かなくてよくなります。

 

この考え方はミニマリストセミリタイアを目指すかたがたにも通ずるものだと思ってます。

 

ミニマリストは働かないことで余った時間やミニマリズムで余ったお金を自分の好きなことに費やす。

セミリタイアを志す人は、節約で余ったお金は未来のために貯める、投資する。

 

社畜で疲弊するより、週2日労働してノホホンと暮らしをしたほうがよっぽど健康的だし長生きできそうですね。

世の中に無数のブラック企業がはびこる中、まさにそれとは真反対にいるような人ですよ。

僕もゆくゆくはこんなにマッタリした暮らしで生きたいですね。

 

みんなレールの敷かれた上を歩む人生しか知らないわけで、もしこの本に出会わなかったら一生この生き方を知る機会のない人もいますよね。

いい学校行って、いい会社はいって。家族作って暮らす。

たしかに見るからに幸せそうなんですが、これに少しでも違和感を持ったり、自分に合わないなと思ったら少し考えてみるといいかもしれません。

みんな当たり前にやってるから誰でも出来て当たり前。だから自分もやる。というとは少し違うと思っていて。

常識こそ疑うべきかなと。何を基準に常識と述べているのか。当たり前のことを疑うとちょっと違った視点から物事を考えられるようになります。

 

 

 

教科書のような一冊です。高校や中学の教科書に載せるべきですよ。

「生き方」って科目を新しく作ってたくさんの生き方を勉強したりシュミレーションするっていう。笑

 

いろんな生き方を見て、そこから自分に合いそうなものを選び生きていく事で楽しく暮らしていくことができます。

 

この本はなん度も読み返して頭に刷り込んでおきます。是非みなさんに読んで欲しいです。

 

 

 

年収90万円で東京ハッピーライフ

年収90万円で東京ハッピーライフ