21歳ミニマリスト工場作業員が資産運用でセミリタイアしてみたいア

年収300万21歳工場作業員がセミリタイアを目指すブログ

友達の数と幸福度は比例しない。

 f:id:rataratarata:20180409105055j:image

 

学校を卒業して働きだしてからはある特定の人としか遊ばなくなった。

 

その特定の人は大体10人程度。

そのうちの数人は毎週のように遊びに誘ってくる。20を超えてくるとお金の使い方が学生とは大きく異なり、額も増えていく。

 

特にお酒だ。毎週のように居酒屋に行くようになり、それが一軒なら許容範囲だが2件、3件とはしごしてとても大きな出費になって困っている。

 

 

一度誘いを断ったら「俺の事嫌いなの?」などと言ってきた。冗談半分だろうが、正直すごく面倒くさい。

 

行きたくない誘いを断っただけだ。

断るのも勇気がいるし。

常識のある友達なら素直に引いてくれるがこいつは厄介なかなか引かない。

 

 

 

自分の時間を生きよう

 

行きたくないのに断らず、しぶしぶ行ってしまう。

断ってもことわりきれずに行く羽目になる。

 

これが続けば自分の人生を生きてるのではなく完全に"相手"他人の人生を生きてることになる。 こうなっては一生このままだ。

 

自分の意思を持って断ることがとても大事だと実感した。

嫌われてしまうかもしれないが、自分とはあまり合わない種類の人なので向こうから離れてくれたらむしろラッキー。

必要のない人間関係を断ち切ることができる。

 

 

 

目標は大事に

 

僕の目標は20代でセミリタイアする事なので、リタイアしない人と同じペースで散財していたら一向にリタイアできない。

 

20代でセミリタイアするからには、サバサバした性格、残忍な心、忍耐力、常軌を逸した考えなど少し変わった物が必要になってくる。

 

でなければそう簡単にセミリタイアなんかできない。簡単にできらみんな既にやってる。

 

 

 

結論

 

話がそれてしまったが、結論としては月に1〜3回ほど会える気の合う友人が2〜3人いれば充分幸せである。

欲を言えば身近にセミリタイアを目指す友人が欲しい笑笑